身近な銀行のカードローンを利用して

どうしても、現金が必要になった時、利用する事を考えたカードローン。しかし、30歳を過ぎて初めての借金と言う事で、どうしても、消費者金融の利用には抵抗がありました。そんな時、目に付いたのが、いつも利用している銀行のカードローンでした。口座を持っているという事で、さほど、時間をかけずに利用する事ができると言う事で、銀行のカードローンなら、少しは抵抗感が薄くなるかと思い利用しました。

とは言っても、窓口で契約している時に誰かに見られた場合の事を考えると怖くなり、自宅に戻り、スマホから契約する事にしました。その時、時間は午後1時を過ぎていたと言う事もあり、「今日中には、無理かな?明日?明後日?かな?」と覚悟はしていました。

想像通り、審査から契約までスムーズに進む事ができたものの、実際、カードローンを利用する事ができたのは、翌日のお昼前でした。今回は、それでも、十分に間に合った為、さほど、時間の事は気になりませんでしたが、やはり、その日のうちに必要な人の場合は、消費者金融の方が早くて便利なのかな?と言うのが正直な感想です。

とは言っても、一度カードローンのカードを作れば、あとは、何度でも利用する事ができる為、非常に便利だと思います。

関連記事

    キャッシングのおかげで助かった事です

    主人は、収入が少なければ節約してそれなりの生活をすればいいという人で、子供の教育費の問題でも収入が少ないだから、塾とか行かせる必要はないという考えの人です。 そのため、子供が小学校高学年になり、塾に行きたいと言い出した時に、主人は反対しました。 しかし、私は親の収入で子供の将来の...

    安心とスムーズの魅力を感じたキャッシング

    営業所の事務をしていた20代後半の独身時代にキャッシングを行いました。 パチンコや競馬、キャバクラなどの楽しさから生活費にまで影響が出るほど、カードの支払い金額が100万円近くに積み重なってしまったことが原因です。 消費者金融は最初はどんな風に利用してよいのかわかりませんでしたが...

このページの先頭へ